おでこのシワとほうれい線を撃退せよ 韓国ドクターズコスメ「ビタA リフト」 悩みにピンポイントでアプローチ

ビタAリフト

SKIN&LABは皮膚科専門医の多くの臨床経験を土台に、多様なお肌の悩みを反映して長年の研究を経て韓国で誕生したドクターズコスメ。
今回紹介するビタミンクリームはクリニックでのケアを自宅でもできるようにと作られた高機能クリームで、韓国で大ヒットしたアイテムです。

韓国コスメ★SKIN&LAB 5種類のビタミン クリーム(VITAMIN CREAMS)

引き締め、うるおい、ハリ、ツヤなど、それぞれに効果がのある5種類のビタミンクリームに配合し、悩み別に選択してケアすることができるのがポイント。
自分の悩みに合わせて選ぶことができるんですよ。

5種類あるビタミンクリームの中から、引き締め・弾力・ぷるぷる肌を目指したいときにおすすめという「ビタAリフト」をモニターさせていただきました。
肌の弾力がアップするとシワなどの改善につながるので、シワやほうれ線が気になる私にはぴったりでした。

スポンサーリンク

ビタミン、ミネラル、自然成分の三要素が肌にアプローチ

ビタAリフト

SKIN&LAB ビタミンクリームにはビタミン、ミネラル、自然成分の三要素が配合されています。
これら三要素の相互作用により、効果が増幅。

  • ビタミン→外的環境から守り、すこやかな肌を目指します
  • ミネラル→頑張る肌をいたわり、なめらかな肌へ導きます。
  • 自然成分→頑張る肌をいたわり、なめらかな肌へ導きます。

A、B、C、E、Kのそれぞれのビタミンクリームには悩みにアプローチする成分を配合。
単品で使うのはもちろん、気になる悩みにあったクリームを混ぜて自分処方のクリームをつくることもできるんですよ。
自分の肌の悩みに合わせられるところが、ドクターズコスメらしいところですね。

ビタAリフトの特徴

ビタAリフト

パッケージにリフティングの表示。
弾力が失われハリがなくなった肌、重力に逆らえず下がってくるようになった肌におすすめのタイプ。

主要成分はビタミンA。レチノールともいわれるビタミンAはお肌のターンオーバーを促し、肌コンディションを整えてくれるとして注目を集めている美容成分。
エイジングケアとしても人気です。

そのほかの成分としては、細コラーゲンとエラスチンの形成に関与して肌組職を維持してくれる銅(ミネラル成分)、スーパービタミンと呼ばれる成分が、すこやかなツヤ肌へ導いてくれるスウィートアーモンド。

ビタミンA(レチノール)配合のコスメは高価格のものが多い中、ビタAリフトは2,500円とリーズナブル。
しっかり、たっぷり使いたいときに助かります。

ビタリフトの使用感・注意点

軽めのクリームでさらっとした使い心地。
クリームだけど保湿力はあまりないので、美容液感覚でハリのなさやシワが気になる部分に使うのがよさそう。
伸びもいいし、香りも特になく使いやすいです。

ビタミンAは紫外線との相性が悪いので使うのは夜のみがおすすめ。
また開封後は品質の安定しているうちに早めに使い切りましょう。

ビタミンAが不足している肌に、ビタミンAを補給すると代謝が促進され、「レチノイド反応」といわれるかゆみや赤み、乾燥などが起きる場合があります。
これらはアレルギーではなく、肌が急に動きだしてびっくりしている状態。
最初にビタミンA入りのスキンケアを使う場合は、少量から徐々に慣らしていくと「レチノイド反応」が起きにくくなります。

アレルギーではないとはいえ肌に異常を感じたら、いったん使用を中止しましょう。
そして落ち着いたら少量から様子をみて再開してください。

ほうれい線が!!

使用前使用後

ビタAリフトを使って1週間。
ほうれい線が目立たなくなってきた気がします。
48歳なので年齢相応に深いほうれい線なんだけど、肌のハリ感がアップすることで少し筋が浅くなったかんじ。

眉間の縦シワと、おでこの横シワは、ほうれい線ほど「おや?」と思う変化がないので、差が出やすい部分と出にくい部分があるのかもしれませんね。

部分使いだと夜のみだし、1本で1か月以上は使えそう。
手ごたえを感じられたしこのまま続けてみます。
乾燥しやすい肌なのでビタEを買い足してブレンドしてみるのも面白そう。

悩みに合わせて選べるビタミンクリーム。なかなかいいですよ。

今回使ったビタミンクリームはこちらで購入できます→ 韓国コスメ★SKIN&LAB 5種類のビタミン クリーム(VITAMIN CREAMS)30ml

The following two tabs change content below.
ニシノ

ニシノ

adwomanの管理人&働く主婦。 充実した毎日の過ごし方を模索中。楽しいことが好き。 化粧品検定1級。 カラーコーディネーター3級。 デコアーティスト技能検定1級。 取材・記事掲載のご依頼も受けています。メニューまたはフッターーの「お問合せ」からご連絡ください。
スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です