オリーブオイルってこんなに味が違うの? 2種類のオリーブオイルが楽しめるスエルテアルタギフトセット

スペイン南部、アンダルシア州コルドバにスエルテ アルタ農園のエキストラバージンオリーブオイル。
ピクアルとクパージュの2本がセットになったギフトをいただきました。

スエルテアルタ農園は14世紀から続くプラド侯爵家による所有・経営の由緒ある農園。

その農園で丁寧につられたオリーブオイルはまさに極上。
しかも使われているオリーブの種類が違う2種類を楽しむことができる。

オリーブオイル好きにはたまらないギフトセットでしたよー。

これ→スエルテアルタ Suerte Alta 有機エキストラバージン オリーブオイル

ピクアルとクパージュは何が違う?

ボルドーのボトルがピクアル。
黒のボトルがクパージュ。

何が違うかというと、使われているオリーブの種類なんだけど、それぞれに特徴があるのでもうちょっと詳しく説明しますね。

しっかりした味わいのピクアル

ピクアルは世界各地で栽培され、多くのオリーブオイルに用いられている品種。
酸化しにくい性質で、そのまま使うのはもちろん、高温での調理にも向いています。

爽やかなグリーンの風味の中に、しっかりとした苦みと酸味があるのが特徴。
ポリフェノールの含有量も高く、健康志向の方にもおすすめの品種です。

スエルテアルタのピクアルはピクアル種100%で作られています。

オリジナルブレンドのクパージュ

クパージュはピクアル種、ピクード種、オヒブランカ種の3種のブレンドオイルです。

スエルテアルタのクパージュは摘み取りの時点で3種を混ぜて搾油しているのが特徴。
それぞれの品種のオイルを後からブレンドするのとは違う、複雑さのある味を楽しめます。

しっかりした味わいのピクアル、香り高いピクード、口当たりが柔らかでハーブの香りがするオヒブランカ。

3種の相乗効果で、爽やかで深みのある味わいになっています。

ピクアルとクパージュの味を比べてみた

2種類あったら味比べは必須。
オリーブオイルって何種類も家にあることは少ないですよね。
でも比べると思ったよりも味の差が大きくて、料理に合わせて使い分けるのもありなかんじ。

色はクパージュのほうがやや濃い目ですね。

まずはそれぞれをスプーンにたらしで口に含んで、そのままの味を比べてみました。

ピクアル
春の山菜をイメージさせるほろ苦さとピリっとした刺激。
スパイスや薬味的に使うのに向いているかんじ。
パスタオイルにもよさそう。

クパージュ
ピクアルに比べるとマイルドな印象。
口に含むとふわっとハーブの香りが広がって、そのあとにほろ苦さがくるかんじ。
そのままトマトなどにかけてもよさそう。


続いて、パンにつけて食べ比べ。

これはどっちも美味い。

軽めの白ワインならクパージュ。
しっかりしたボディの赤ならピクアル。
ってかんじ。

オリーブオイルが2種類あると料理がより美味しく楽しくなる

料理にあわせて使い分けるのもよし。
サラダにそれぞれの好みで振りかけるもよし、味比べをするもよし。
ワインに合わせてチョイスするもよし。

我が家でもそれぞれが取り皿にとったサラダにかけて、どっちが好きかワイワイしながら食べて盛り上がりました。

オリーブオイルが2種類あるといつもの料理も倍たのしめますね。

巣ごもりライフのお供にもぴったりですよー。

スエルテアルタ農園のオリーブオイルは日本ホールフーズの通販サイトで購入できます。

【ギフト】スエルテ アルタ 有機エキストラバージン・オリーブオイル ピクアル250mL・クパージュ250mL各1本包装料サービス・送料無料
ギフトパッケージもオリーブグリーンで素敵でしたよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました