風呂上がりの保湿強化で肌の調子UP「ヴァーチェ マルラオイル」使用レポ

ヴァーチェ マルラオイル

美容オイルの最高峰アルガンオイルを超えるといわれ、雑誌での紹介も増えてきている「マルラオイル」。
南アフリカの厳しい大地で育ったマルラの実から抽出される天然オイルで、美容成分がたっぷりと含まれています。

ビタミンC・E、リノレン酸、オメガ6.9を豊富に含み、抗酸化力はオリーブオイルのなんと約10倍!!!
このリッチなオイルをモニターさせていただきました。

がっつり2週間使ったけど、肌の調子よくなって満足。
特に風呂上りに使うのが気に入っています。
冬の乾燥で肌の調子がイマイチの方はこの方法おすすめです。

使ったのはこれ→【VIRCHE】マルラオイル

スポンサーリンク

お風呂上りにすぐに使って肌の乾燥を防ぐ

マルラオイル

一番おすすめの使い方はお風呂上りのすっぴんの状態で、浴室内でマルラオイルをつける
最初にオイル?って思うかもしれないけど大丈夫。
マルラオイルはブースターとしても使えるオイルなんですよ。

お風呂に入っているときに、肌は浴室にこもる蒸気やシャワーなどから水分を吸収しています。
そしてお風呂から上がって脱衣所に移ると・・・・。
肌の水分はどんどん蒸発していってしまうんですねー。

水分は湿度の高いほうから低い方へと移っていく性質があります。
湿度の高い浴室から、湿度の低い脱衣所に移る前に保湿するのが実は大事

私は浴室内で上がるときにタオルで軽く顔の水分を拭き、ドアの外に置いてあるマルラオイルを浴室に持ち込んでつけています。
これをやり始めてから肌の乾燥加減がかなり違ってきました。

そして着替えをした後に化粧水などいつものお手入れをして仕上げ。
マルラオイルをプラスしただけで、他はいつも通りのスキンケアなのに、肌の調子がUP!!
化粧のノリの良くなりました。

*浴室内にオイルを置くのはおススメしません。私も保管は洗面台の棚です。

マルラオイルってどんなオイル?

マルラオイル

マルラオイルは肌本来のチカラを高める美容成分を含んだ天然のオイル。
アフリカで、古来より強い紫外線や乾燥から肌を守る美容アイテムとして使用されてきました。

ビタミンC・E、リノレン酸、オメガ6.9といった美容成分を含むので、保湿をしながら美容効果もあるのが魅力。
抗酸化力が高いのでオイルが傷みにくく、使いやすいのもうれしいですね。

浸透性に優れているのでオイルでありながら、つけた後の肌表面はさらっとしていてべたつきが少ないのもポイント。
肌質を選ばず使うことができるオイルです。

多彩な使い方が可能

  • 化粧水のあとに肌につける
  • 化粧水やクリームに混ぜる
  • 洗顔後すぐにつけてブースターとして使う

というように好みや肌の状態に合わせて、いろいろな使い方ができます。

本格的に乾燥シーズンに入り、少し保湿力が物足りなく感じるようになったクリームにマルラオイルを混ぜてみたら、これもかなりいいかんじ。
クリームを買い替えようと思ってたけど、マルラオイルとの合わせ技で使いきれそう。

クセがなく使いやすいオイルだから髪につけてもいいし、ほんと万能。
乾燥シーズンに1本あると便利ですよ。

マルラオイルの購入について

初回購入に限り価格がお得になります。

1回限りの単品購入の場合は約1,000円OFFの2,980円。
定期購入の場合は、初回約2,000円OFFの1,980円。

定期購入は最低〇回という縛りはなく、何回目からでも解約可能。(定められた期日までに連絡が必要)

単品・定期ともに30日間の返金保証がついています。
肌に合わない、満足できないという場合、全て使い切っていても30日以内であれば返金可能なので安心。
*返金の条件などは購入時に同封される案内で詳細をご確認ください。

使いやすいオイルで乾燥シーズンにはぴったりなので、試してみてくださいね。
公式サイトはこちら→純度100%、オーガニック認証のマルラオイル



The following two tabs change content below.
ニシノ

ニシノ

adwomanの管理人&働く主婦。 充実した毎日の過ごし方を模索中。楽しいことが好き。 化粧品検定1級。 カラーコーディネーター3級。 デコアーティスト技能検定1級。 取材・記事掲載のご依頼も受けています。メニューまたはフッターーの「お問合せ」からご連絡ください。
スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください