土井善晴さんのフレンチトーストを作ったよ。中はしっとりもっちり、外はカリっと超おいしい

土井善晴さんレシピのフレンチトースト

ちょっと前にネットで話題になっていた、土井善晴さんレシピのフレンチトースト。
ようやく作りました。
土井善晴さんのフレンチトーストレシピ、神レシピですね。

中はしっとりモチモチ、外はカリっとしていて、本当においしい。
家族にも好評でした。

参考にしたのはtogetterまとめのこれ→
#きょうの料理 で土井善晴先生が紹介したフレンチトーストの作り方、ちょっとしたポイントで「新世界きた」と大絶賛

スポンサーリンク

牛乳に浸してから卵をかけるのがポイント

土井善晴さんレシピのフレンチトースト
フレンチトーストは、卵液にパンを浸して焼くのが一般的。
土井善晴さんのフレンチトーストレシピでは、パンを牛乳に浸してから溶き卵を加えるんです。

「えー?」って思ったんだけど、これ天才的なアイデア。
牛乳をすったパンはモチモチだし、後から加えた溶き卵は薄まってないからしっかりコクがあるし、マジうまい!!

最後にバターと卵でカラメリゼ

土井善晴さんのフレンチトーストレシピ

そして最後に大事な工程が!
焼き上がりにバターと砂糖を加えて加熱するんです。
これで、溶けた砂糖がパリッとしてカラメリゼ風に。

このカリっと感とバターの風味がまた美味さを倍増してるんですよ。
自分で作ったフレンチトーストの中では今回が一番のおいしさでした。
土井先生ありがとう!!!!

ざっくりとした作り方

  1. 牛乳に砂糖を入れてパンを浸す
  2. 溶き卵を加える
  3. フライパンで焼く
  4. バターと砂糖を加えてカラメリゼ

分量は適当にやったけどおいしくできました。
ぜひいちどお試しを。


おそらくこの本にレシピがあるはず。表紙がフレンチトーストなので。

まねしたくなる 土井家の家ごはん

この本は読んでよかったのでおすすめ。
一汁一菜を作ればそれでOKって内容じゃなく、食の在り方について書いてある本。

一汁一菜でよいという提案

The following two tabs change content below.
ニシノ

ニシノ

adwomanの管理人&働く主婦。 充実した毎日の過ごし方を模索中。楽しいことが好き。 化粧品検定1級。 カラーコーディネーター3級。 デコアーティスト技能検定1級。 取材・記事掲載のご依頼も受けています。メニューまたはフッターーの「お問合せ」からご連絡ください。
スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です