30分でパン作り 焼き立てパンが簡単手軽におうちでできる!!

パンワークショップ看板
ベルメゾンマンスリークラブ主催の「パン作りワークショップ」に参加。
マンスリークラブの「30分でいろいろパンミックスicon」を使って実際にパンをつくって食べてきました!!

私はホームベーカリーを使ってパンを作り始めて10年以上になります。
発酵なしで30分でパンをつくっておいしいの?とちょっと懐疑的だったんですけど、かなり本格的なパンができあがってびっくり。

焼き立てのパンは本当においしいので、パンをつくってみたいけど難しいそう・・と思ってる人はぜひトライしてみてください。
アレンジもできるのでパン初級者から上級者まで使えるパンミックスですよ。
では、実際に作る過程と出来上がりを紹介しますね。

スポンサーリンク

材料と道具


【材料】

  • 30分でいろいろパンミックスiconのミックス粉(220g)とイースト(4g)各1袋
  • 砂糖 10g
  • 無縁バター 20g
  • フライドオニオン 20g
  • ぬるま湯(35~40度) 140ml

【道具】
シリコンボール

  • シリコーンボウル(普通のボールや厚手のビニル袋でもOK)
  • スケッパー(包丁などで代用も可)
  • オーブン(フライパンでも焼けます)
  • フォーク

今回はすでに計量ずみだったけど、家で作る場合は計量カップとはかり。

生地作りの工程

  1. 材料をシリコーンボールにいれる
    ボールに材料を入れたところ
    材料を一気にボールに投入~。
    粉を図る必要も振るう必要もないのはすごい楽。
    今回はフライドオニオンの食感を残したかったので、フライドオニオンは後入れにしました。


  2. 粉っぽさがなくなるまでフォークでまぜる
    フォークで材料を混ぜているところ
    こね始める前に、フォークでよく混ぜます。
    目安は粉っぽさがなくなる程度。
    水分と粉が混ざって生地っぽくなればOK。


  3. 口をとじて生地をまとめる
    ボールの口を閉じてこねているところ
    フォークで混ぜたとはいえ、まだ生地は完全に混ざり切っていません。
    粉や水分が飛び出さないようにシリコーンボールの口をしっかり抑えて、台に押し付けるようにしながらこねていきます。
    生地をまぜたあとの目安
    若干粉っぽさが残っているけど1つにまとまってきたらOK。
    このあと本格的なこねに入ります。



  4. 指をひっかけ生地を回すようにこねる

    シリコンボールには二つの突起があるのでこれに指を添えて、回すように生地をこねていきます。
    言葉だとわかりにくいのでワークショップの先生が見本を見せてくれたのを動画にとったのでぜひ動画で確認してください。↑

    途中でフライドオニオンを加えて、こねあがった生地がこれ。
    生地のこねあがった状態

    ちょっと伸ばしてみて、割れずにしなやかに伸びればOK。

    うまくこねるコツはしっかり力を加えることと、空気を入れるようにまんべんなくこねること。
    力の入れ具合によってこねあがりの時間は変わりますが、シリコンボールを使うと10~15分でこねあがりました。



  5. 成型
  6. 生地をきりわけるところ
    こねあがったら、発酵ナシでいきなり生地を切り分けます。
    大丈夫なのかしらとちょっとドキドキ。

    小分けした生地を丸める
    小分けした生地をきれいに丸めていきます。
    このまま焼いてもいいんだけど、今回はちょっとひと手間かけてベーグル風に。

    指でくるくるして伸ばしているところ
    小分けした生地を軽くつぶして真ん中に穴をあけて指でくるくる回して穴を広げていきます。

    霧吹きで水をかける
    ベーグルは焼く前にゆでるんだけど、今回は「30分でパン作り」なので、霧吹きでたっぷりと水をかけてから焼きます。
    これでベーグル風になるなんてアイデアですよねー。

オーブンで焼く

オーブンに入れる
オーブンで予熱なしで焼いていきます。
余熱をしないのもびっくりなんですが、予熱なしで焼くことで温度があがるまでの間に発酵がすすんでちょうどいい感じに焼きあがるようにパンミックスを調合してあるんだそうです。
時短のための工夫が焼くところにも施されているんですね。

温度と時間の目安は200度で15~18分。
オーブンによってクセがあるので、焼き上がりの様子をみて加減をしてください。

焼き上がり

30分で作ったベーグル風パン
むっちりもっちりとしていて見た目的にはちゃんとベーグル。
発酵なしでこんなにちゃんとパンができるなんで驚きです。

30分で作ったベーグル風パン
割ってみてもちゃんとパン。
フライドオニオンがうまみをアップさせてすごくおいしく焼き上がりました。
30分でこれだけちゃんとパンが作れるのは本当にすごい。

実際に自分たちでやった感想

工程の説明は先生のデモを撮影したもの。
このあと2~3人のチームにわかれて自分たちでパンをこねるところからやりました。

こねているところ
シリコーンボールでこねるのは、先生のようにスムーズにいかず最初は四苦八苦。
でもやっているうちにだんだんコツがつかめてきます。
粉も飛びにくいし、こね台も必要ないし、早くこねあがるし、シリコーンボールはかなり優れもの。
ホームベーカリーがなく手でこねる場合はあると便利。

手順をちゃんと覚えてやらないときっかり30分では終わらないけど、通常のパン作りに比べたらかなり早い。
これなら休日のランチに焼き立てパンもできそうなかんじ。

今回はベーグル風ということもあって、通常の発酵させるパンに比べるとちょっと固めの焼き上がり。
ふわふわが好きな人は成型後に少し発酵の時間を置くといいのかなーと思います。(発酵しすぎには注意)

自分で作った焼き立てパンは本当においしい!!
手軽にできるので「30分でいろいろパンミックスicon」があればパンを楽しむ機会がふえそうですよ。

商品の特徴

30分でいろいろパンミックス

  1. ふるわないくてOK・計らなくてOKで手間なし
  2. オーブンの予熱なしで焼き始められるので面倒くさくない
  3. こねやすいように粉を配合しているので、ペタぺた手につきにくい
  4. 砂糖がミックス粉の中に入っていないのでアレンジしやすい
  5. 30分前後と短い時間でできあがる

発酵の工程を省いてもおいしく出来上がるように、小麦粉も数種類を配合するなど、かなりこだわって作っているミックス粉。
パンは大変・・・って思ってしり込みをしてしまう人が多いけど、このミックス粉はかなり手軽に本格的なパンをつくることができます。
パン作り、とっても楽しいのでぜひぜひチャレンジしてみてください。

このミックス粉を使ったレシピはベルメゾンのサイトで公開されています。
どのパンもおいしそうで、作りたくなりますよー。

レシピを見る→30分でいろいろパンミックス 特集ページicon

試しに1個だけ買いたい人はこちら→30分でいろいろパンミックス

毎月届く頒布会でお得に買いたい人はこちら→30分でいろいろパンミックス(MC)

The following two tabs change content below.
ニシノ

ニシノ

adwomanの管理人&働く主婦。 充実した毎日の過ごし方を模索中。楽しいことが好き。 化粧品検定1級。 カラーコーディネーター3級。 デコアーティスト技能検定1級。 取材・記事掲載のご依頼も受けています。メニューまたはフッターーの「お問合せ」からご連絡ください。
スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です