自分に合わないNGダイエットがわかる!中医体質学の9つの体質もチェックできるよ

あなたがやってはいけないダイエット

縁あってGHYのインカ先生の著書「あなたが「やってはいけない」ダイエット: 中医体質学の9つの体質からわかる!」をモニターさせていただきました。

単に「やってはいけない」ではなく「あなたがやってはいけない」なのがポイント。
自分の体質にあわない、効果の出にくいダイエットがわかります。

ダイエットがんばってるのに痩せない!って人はぜひ読んでみて。
そのダイエット、あなたがやってはいけないダイエットかも。

スポンサーリンク

なぜ人によってやってはいけないダイエットが違うのか

「着たい服」と「似合う服」って必ずしも一致しないですよね。
ダイエットも同じで「やりたいダイエット」と「自分にとって効果なダイエット」が同じとは限らない。
同じダイエットをしても効果がある人とない人に分かれてしまうんです。

冷え性の人が熱量をより減らすダイエットをすると基礎代謝が低下して痩せにくい。
体質とダイエットは実は密接な関係がある。
でも、実際に自分の体質がどうなのか?っていうのはわかっていな人が多い。

そこで「あなたが「やってはいけない」ダイエット: 中医体質学の9つの体質からわかる!」ですよ。
自分が中医体質学の9つの体質のどれに当てはまるかを知ることで、効果が出にくいダイエットがわかります。

あなたが「やってはいけない」ダイエット

生花(SEIKA) 小学館 2018年04月18日
売り上げランキング : 2030

by ヨメレバ

100の質問に答えて自分の体質を知ろう

あなたがやってはいけないダイエット

あなたがやってはいけないダイエットで自分の体質がセルフチェックできます。
100の質問に答えるのは大変って思うかもしれないけど、YES・NOを直感で答えるだけなので所要時間は5~6分。
これで中医体質学の9つの体質のどこにあてはまるかがわかっちゃうんです。

中医体質学の体質がわかるとダイエットだけではなく、健康面の注意事項もわかるのでぜひやってみて。

ちなみに私の結果は↓
痰湿体質・瘀血体質・特稟体質が同率1位。
3つの体質複合型のようです。

ダイエット的にはOK・体質的にはNG

あなたがやってはいけないダイエット

「あなたが「やってはいけない」ダイエット: 中医体質学の9つの体質からわかる!」には、なんと23種類ものダイエット方法が載っています。

これらはダイエットとしてはアリなもの。
でも体質的にみるとNGの「やってはいけない」ダイエットでもあるんです。

やってはいけないダイエット

ダイエットに不向きな体質とその理由が解説されています。
わかりやすい、やさしい言葉でかかれているので、すっと理解できるのが嬉しい。
同じダイエットでも向き不向きがある理由もよくわかります。

自分に合った方法で賢くダイエット

痰湿体質・瘀血体質・特稟体質が同率1位だった私のNGダイエットを見ると、私が好んでやっていたものが多いんです。

特に今年になってチャレンジしていた筋トレは痰湿体質・瘀血体質の両方でNGでショック~。
どちらかというと、糖質オフやプチ断食などの食事系ダイエットが向いているみたい。

年齢的に痩せにくくなっていると思っていたけど、体質的に合わないダイエットで効果がでないだけなのかも。
ちょっとダイエットのやり方を変えてみようと思います。

効率よく痩せるためには、まず自分の体質を知るのが大事ですね。

体質は変わるので一定の周期で再チェック

中医体質学の9つの体質は、一生のものではなく、その時の健康状態によって変化するそうです。
自分にあったダイエットをして身体が軽くなると体調にも変化がでてくるはず。
その時に改めて体質をチェックすると違う結果がでることも多いようです。

体調の変化の時は、ダイエットを切り替えるときでもある。
「あなたがやってはいけないダイエット」を手元において定期的にチェックしていこうと思います。

薄着になる季節に向けて本格的にダイエットをしようと思っているあなた!
「あなたが「やってはいけない」ダイエット: 中医体質学の9つの体質からわかる!」を読んでから始めましょう。
体質にあったダイエットなら効果でるのが早いかもしれませんよ。

あなたが「やってはいけない」ダイエット

生花(SEIKA) 小学館 2018年04月18日
売り上げランキング : 2030

by ヨメレバ

The following two tabs change content below.
ニシノ

ニシノ

adwomanの管理人&働く主婦。 充実した毎日の過ごし方を模索中。楽しいことが好き。 化粧品検定1級。 カラーコーディネーター3級。 デコアーティスト技能検定1級。 取材・記事掲載のご依頼も受けています。メニューまたはフッターーの「お問合せ」からご連絡ください。
スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください