ファイテンとはなにか? 社長さんのお話を聞いてきましたよ ファイテン特集1

ファイテン
ファイテンのスペシャルセミナーに参加してきました。
スポーツ選手に愛用者の多いファイテン。私も使っていて、つけていると体の調子がいい気がするんだけど、なぜネックレスでリラックスできるのか?
社長さんのお話を聞いてきましたよ。

ファイテン
ファイテンの平田社長は若いときに難病である「膠原病」と診断をされて入院生活を余儀なくされたそうです。
闘病のすえ、理由はわからないそうですが症状が治まり普通の生活ができるようになったとのこと。現在も定期的に検査は受けているそうですが、病状はでていないそうです。

この経験から、人のカラダが本来持っている「自然治癒力」に着目し、家庭でケアできる商品の開発にとりくみ生まれたのがファイテンの商品。
ストレスや疲労の蓄積により狂ってしまった心身のバランスを最良に保つことで、現代人の自然治癒力は十分な力を発揮するようになるという考えに基づいて研究を重ねて現在に至るそうです。

ストレスとは何なのか?

ストレスという言葉はよく聞くし、使うけど、ストレスとはなにか?と聞かれると「これだ」という風にこたえられる人は少ないのではないでしょうか。「体と心に負担がかかっている状態かな?」となんとなく理解しているいうかんじですよね。

ファイテンの平田社長によると、ストレスは日常のいたるところにあるそうです。
立って歩く、という行為だって足の筋肉にストレスがかかっているし、物を持つのだって腕にストレスがかかっている。
人にまったくストレスがかからないノンストレスの状態は「死」だそうです。
つまり、生きている間は常に体にストレスがかかっているわけです。

ストレスをリセットすれば体は楽になる

人は常に体にストレスをうけていますが、そのストレスをリセットできる力をちゃんと持っています。
たくさん歩いてたくさんストレスがかかって筋肉痛になっても数日で痛みはなくなりますよね。これは自然治癒力によってストレスがリセットされたから。
もともと人はストレスを溜めないシステムを持っているわけです。

だけど強いストレスが長時間かかり続けてしまうと、上手にリセットできなくなってしまうことがあります。
たとえば、同じ姿勢で仕事を続けるとなってしまう慢性の肩こりなどがそうですね。

こうした「自分でリセットできなくなってしまったストレス」を開放して、自然治癒力が働く状態を作ってあげれば体は楽になりますよね。
整体やマッサージなど外からのチカラでリセットする方法はいくつかあって、そのうちの1つがファイテンのアクアメタルなんです。

アクアメタルのメリット

ファイテンの開発したアクアメタルのいいところは、「いろいろな商品に展開ができる」「どこでも使える」ということ。
どんなアイテムがあるか一部を紹介しますね。

ネックレス
RAKUWAネック

ソックス
ソックス

ローション
ローション


水

こうした身の回りで使える様々なアイテムに、アクアメタルのリラックス効果がプラスされているんですよ。
これだけ多角的に展開できる健康アイテムというのはかなり珍しいと思います。

契約選手はファイテンのファン

ファイテン
ファイテンは多くのアスリートと契約を結んでいますが、すべての選手はファイテンのファン。
もともとファイテンのアイテムを使っていたのが縁で契約に至っているそうです。広告塔として、うちの商品を使ってくださいと頼むようなことはないし、契約しているアスリートの体のケアなどもファイテンでお手伝いしているそうです。

アスリートに愛用者が多いのは体が資本の商売で、セルフメンテナンスを積極的に行っているから。
体にいいことをどんどん取り入れて、プレーにプラスになると実感すれば愛用する。
アスリート間で口コミで広がるアイテムもあるんだそうですよ。

アスリートが多く愛用しているのでファイテンをスポーツ用のものだと思っている人もいるかもしれませんが、そうではなくてセルフケアをするためのアイテム。スポーツをしない人にも愛用者は多いんですよ。

体にかかるストレスをうまくリセットできていないとかんじたら試してみる価値あり。
私も愛用してますが、使うとなんか調子いいんです。

ファイテンのアイテムはこちらで購入できます→【ファイテンオフィシャルストア】公式通販サイト

粗悪なコピー品もでまわっているのでオフィシャルサイトのご利用がおすすめです。



The following two tabs change content below.
ニシノ

ニシノ

adwomanの管理人&働く主婦。 充実した毎日の過ごし方を模索中。楽しいことが好き。 化粧品検定1級。 カラーコーディネーター3級。 デコアーティスト技能検定1級。 取材・記事掲載のご依頼も受けています。メニューまたはフッターーの「お問合せ」からご連絡ください。
スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です