2019年の手帳はマンスリー・ガントチャートとマンスリー・家計簿の2冊

2019年の手帳

2019年の手帳


買っちゃいました、2019年の手帳。
実物を見ずにネットでポチっと。
でも、かなり理想に近いものが買えて満足。

買ったのはこの2冊。

>>ダブルマンスリー ガントチャート for Woman

>>1日1行書くだけで貯まる! お金と予定がパパッと書ける手帳

今回はメインのダブルマンスリー ガントチャート for Womanの中身を紹介しますね。

スポンサーリンク

ダブルマンスリー ガントチャート for Woman


4種類のカラーがあって、私が選んだのは暖色のグラデーション。
元気がでるきれいな色ですね。
日程の管理とやったことログを記入する2019年のメイン手帳。
中身をざっくりと紹介しますね。

ブロックとガントチャートのダブルマンスリー


マンスリーブロックはシンプルな月曜始まり。
1日の真ん中に線が入っているので、家族と自分、仕事とプライベート、午前と午後というように区分けが可能。

マンスリーガントチャートは2段ごとに色分けされていて最大14のプランを記入可能。
下にメモスペースがあるのが、購入の決め手になったポイント。

ガントチャートはいろんな使い方が可能


ガントチャートというと進行表のイメージだけど、見本にもあるように使い方は自由。
私は何をいつやったかがわかるログを取るのに使う予定。

下のメモ欄は、締め切りとか、合わせて目に入るようにしたい情報が書けるので便利。
ガントチャートだけで上から下まで埋まってるレイアウトは多いけど、メモがあるのって意外とないんですよね。

ココが惜しい


ちょっと残念だったのが前半がブロック、後半がガントチャートになっていること。
交互になってて、マンスリーブロックをぺらっとめくるとガントチャートっていうほうがよかったなぁ。

右上がくっきり色分けされててわかりやすくなってるけど、しおり紐はないんですよ。
両方を行き来して見るにはちょっと不便。

ココは嬉しい


後ろに12か月ブロックのイベントカレンダーがありました。
目標や月次レビューをかくのにぴったり。


両方のマンスリーに月暦があります。
たぶん、これがあるからfor Womanなのかな。女性は割と気にしてますよね。


メモは方眼で枚数も十分なかんじ。
なんだかんだで、こういうシンプルなメモが一番使いやすい。

私にとっては95%理想的な仕様。
サイズ的にもA5スリムで持ち歩きやすいですね。
実物見ないで買っちゃったけど当たりでした。
お値段も1026円とお手頃です。

そうそう、180度開きますよ。

買ったのはこれ→ダブルマンスリー ガントチャート for Woman

ブランド:アートプリントジャパン
本体サイズ:H215xW135xD6mm/171g
商品重量:141 g
ページ数:96P

The following two tabs change content below.
ニシノ

ニシノ

adwomanの管理人&働く主婦。 充実した毎日の過ごし方を模索中。楽しいことが好き。 化粧品検定1級。 カラーコーディネーター3級。 デコアーティスト技能検定1級。 取材・記事掲載のご依頼も受けています。メニューまたはフッターーの「お問合せ」からご連絡ください。
スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です