テーブルがないところで2段弁当をスマートに食べられるOXO(オクソー) BENTOBOX

 OXO BENTOBOX  

2段弁当ってスリムにまとまるからバッグに入れやすくて人気。
でも、テーブルがないと途端に食べにくくなってしまうんですよね。
そんな2段弁当の弱点を解消したのがOXO(オクソー)のBENTOBOX。ロフトのイベントで取材させてもらいました。
お弁当を食べる場所を広げてくれるお弁当箱でこれはいいですよ。

→ ロフト「秘密の屋根裏」限定|【1,080円!】 OXO BENTOBOX

スポンサーリンク

2段弁当のここが不便

P8030662
P8030662 / neco

2段弁当ってテーブルがあれば、ご飯を食べるときはおかずをテーブルの上に置いておけるからいいけれど・・・。
椅子しかないとなると、持てないほうの段の置き場所に困るんですよね。
膝の上に置くのも不安定だし、2段とも持つことはできないし。

仕事などの都合で移動の途中で公園のベンチなどで食べるとか、学生だと部活の試合とか校外学習とか、テーブルがない状態でお弁当を食べることって意外と多い。
おにぎりにしたり、お弁当箱を変えたりすれば対応できるけど、いつものお弁当箱でどんなシーンでも使えたら一番いいですよね。

クロスして重ねる画期的なデザイン

OXO BENTOBOX

OXO BENTOBOXも2段弁当。
普通に2段にわけておいて食べることもできるけど、この2つをジョイントして1つのお弁当箱にできちゃうすぐれものなんです。

左にある真ん中が凹んだコンテナに右のコンテナを重ねると・・・

OXO BENTOBOX

あっという間に1つのお弁当箱になっちゃうんです。
これなら手にもって両方のコンテナに入ってるお弁当を食べられますよね。
ベンチなどに座って食べるのもスムーズにできちゃいます。これ絶対便利。

女性も男性も使いやすいデザイン

OXO BENTOBOX

ワンサイズですが、詰め方のバリエーションを変えれば、男性も女性も満足できそう。
女性は上の写真のように1段フルに使える段をごはんとおかずに、セパレートの段は野菜やフルーツをいれるとちょうどよさそうですよ。
男性は1段フルにご飯を詰めて、セパレートの部分におかずをいれれば食べ応えのあるお弁当になりますよね。おかずが少なく感じる場合はごはんの上に生姜焼きやほぐした焼き鮭などをのせてもいいですしね。
ドレッシングやソースを入れるボックスもついているので、おかずのバリエーションも増えそう。

持ち運びはスリム

OXO BENTOBOX

2段弁当で重ねられるのでスリムにまとまります。
平たい1段のお弁当箱だと持ち運びにくいけど、これならバッグの中で納まりがいいので持ち運びにも便利ですね。

OXO(オクソー)について

OXO(オクソー)はニューヨークに本社があるハウスウェアブランド。
ウォールストリートジャーナル、ワシントンポストなどの著名なメディアから「優れた有望なハウスウェアブランド」として認知されています。

OXOの使命
毎日の生活をより快適にする革新的な製品開発

OXOの哲学
ユニバーサルデザイン – より多くの人にとって使いやすい製品作り

このBENTOBOXも、お弁当を快適に食べられて使いやすい、オクソーのポリシーそのもの。
ちなみにOXO(オクソー)はOXO(まる・ばつ・まる)なんだそうですよ。

今だけお得に買える

OXO BENTOBOXは通常2,000~3,000円で販売されていますが、今ならロフトのネットストアでなんと1,000円(税別)で買えちゃいます。

お弁当持参派の人はこの機会にぜひGETしてくださいね。

ロフト「秘密の屋根裏」限定|【1,080円!】 OXO BENTOBOX

 ロフトネットストア

The following two tabs change content below.
ニシノ

ニシノ

adwomanの管理人&働く主婦。 充実した毎日の過ごし方を模索中。楽しいことが好き。 化粧品検定1級。 カラーコーディネーター3級。 デコアーティスト技能検定1級。 取材・記事掲載のご依頼も受けています。メニューまたはフッターーの「お問合せ」からご連絡ください。
スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です