圧着トレンカは初心者におすすめのソフトな圧着 冷え対策にも〇

圧着トレンカ

セシールでみつけた圧着トレンカ。
会社で座りっぱなしのことが多くて夕方から足がむくんでつらい日があるので使ってみました。
圧着系のものはあまり使ったことがないので、きつすぎないようワンサイズ上を購入。
そのため圧着感は弱めだけど履いていると足が楽です。
それに思ったよりも保温効果もあって冷え対策にもなってくれました。

>>>セシール 圧着トレンカ icon

スポンサーリンク

圧着がなぜむくみにいいのか

圧着トレンカ

足首>ふくらはぎ>腿と圧の強さを変えているのがポイント。

血液は心臓から送り出され全身を巡ってまた心臓に戻ります。
足から心臓に血液が戻るときには、足の筋肉がポンプの役目をするんです。
でも、立ちっぱなしや座りっぱなしでいると、このポンプ機能が弱まってしまいます。

そこで一番下の足首に強めの圧力をかけ、上に向けて徐々に圧力を少なくすることで、足の筋肉のポンプ機能を補ってあげることができるんです。

セシール圧着トレンカはソフトな締め付け圧着トレンカ着用

M-Lと迷ってL‐LLを購入したけど、ゆるくはないです。
軽い締め付けで1日中はいていても苦しくなく自然なはき心地で快適。
それでも圧着ではないインナーレギンスを履いている日に比べると、圧着トレンカを履いた日のほうが足のだるさが少なく楽でした。

足首で13hPa(ヘクトパスカル)というのは圧着ソックス類の中では弱め。
ソフトな締め付けなので人によっては物足りさなを感じるかも。
私のようにキツイのは苦手な人には程よい締め付けだと思います。

トレンカは思ったよりも暖かい

圧着トレンカ

今まではインナーレギンスを愛用していて、トレンカは履いていませんでした。
甲の途中までだと、なんとなく足の裏のあたりがモゾモゾしそうで履く気になれなくて。

でも今回履いてみて、トレンカはレギンスよりも暖かいことに気づきました。
足首をすっぽり覆ってくれるので、足元がスースーしないんです。
甲の途中までなのも気にならないし、冬はトレンカのほうがいいですね。

圧着に頼り過ぎるのもダメ

圧着トレンカ

圧力で足のポンプ機能を補ってくれる圧着トレンカは、足のむくみやだるさの解消に役立ってくれます。
でも、足の筋肉がちゃんとポンプの役割を果たせば、むくみやだるさも少ないんですよね。
圧着トレンカに頼るだけではなく、足の筋肉を鍛えることも必要。
休みの日にはウォーキングなど軽い運動を心がけようと思います。

でも生理の前とか、珍しく立ちっぱなしの仕事の日とか、普段よりも足の辛さがひどくなる時には圧着トレンカに頼るのもあり。
ぐったり疲れるよりは、サポートしてもらって少しでも楽に過ごせたほうが、人生楽しめますからね。
圧着トレンカに頼りすぎず、でもつらい時には助けてもらう、そんないい関係でいたいと思います。

足がだるいと本当に疲れる。
圧着アイテムは1つもっていると楽ですよ。

私が使っているのはこれ→セシール 圧着トレンカ icon

セシールにはアシスキットという圧着ソックスシリーズがあって、こちらだともう少し強めの圧着もあります。 >>>セシール アシスキットシリーズ一覧

icon セシール

セシールのキャッシュバック企画に当選して購入しました。

The following two tabs change content below.
ニシノ

ニシノ

adwomanの管理人&働く主婦。 充実した毎日の過ごし方を模索中。楽しいことが好き。 化粧品検定1級。 カラーコーディネーター3級。 デコアーティスト技能検定1級。 取材・記事掲載のご依頼も受けています。メニューまたはフッターーの「お問合せ」からご連絡ください。
スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です