意外と知らない?ブラはホックの一番外側がぴったりのサイズを買うべし

ブラデリスのブラ

今日は10代からずっとお付き合いをしているブラジャーのお話。
かなり長いこと毎日身につけているんだけど、実はブラの選び方間違ってました。

何を間違っていたかというと後ろにあるホックの位置。
3段、4段あるフックの場合、一番外側のフックがぴったりのものを買うのが正しい。
これ知ってました?

スポンサーリンク

ブラのホックが複数ある理由

同じアンダーでもメーカーによって多少の差があります。
つけ心地もきつめが好きだったり、締め付け感がないのが好きだったり個人差もありますよね。
ブラのホックが複数あることで遊びができて適応範囲が広くなる。
これも理由の1つ。

でも、もう1つ大きな理由があるんです。
それは「ブラを長く使うため」。

複数のホックがあることで、ブラジャーの寿命が延びるんです。

なぜ複数ホックでブラの寿命が延びるのか

ブラのホック

ブラを長く使うためには外側のホックでちょうどいいサイズを選びます。
一番アンダーが大きい(長い)状態ですね。

なぜかというとブラジャーのアンダー部分って使ているうちに伸びてくるんです。
使っていると手を上にあげたときになんとなくずり上がってくるようになってきますよね。
これがブラが伸びてきた証。

こうなったらホックを1つ内側にずらします。
これでフィット感が戻ってくる!!

ブラのホック

こうして時間の経過とともにホックをずらしていって、一番奥のホックまできて、それでもゆるくなったら買い替え時。
これでブラを長く愛用できるんです。

ホックのどの位置がジャストサイズか。
実はこれ、すごく重要。
選ぶべきは一番外側がぴったりのブラですよ!!

ブラ選びはプロに相談するのが一番

ブラデリス

今回のホックの話。
補正下着のブラデリスのスタッフさんに教えてもらいました。

サイズを測ってもらったらいつも購入しているサイズよりもワンランク下だったんです。
でも、それだと絶対にキツイと思うと言ったら「ホックの位置ってどこでぴったりですか?」と聞かれて、私のサイズ選びが間違っていたことが判明。

ブラのホックはきつい時に緩めるだけでなく、伸びてきたときに調整する役割があるのだと教えてもらいました。

その道のプロに相談するのってやはり大事。

ブラの位置が低いことも判明

フックの使い方だけでなく、ブラを着ける位置も間違ってました。
40年以上も女をやっているのになんてダメダメな・・・。

フィッティングとブラデリスのブラの試着をさせてもらったのでビフォーアフターをご覧くださいませ。

いつもの位置(いつものブラ)
普段のブラの着用時

フィッティング後の位置(ブラデリスのブラ)

胸の位置も大きさも明らかに違う!!
ブラを変えただけでここまで変わるって、なんかもうびっくり。

正しいサイズのブラを正しい位置につけるだけでこんなにも変わる。
ブラ選びってほんと重要。

ブラをいいかげんにつけていると、体型もいいかげんになってしまうとのこと。
胸ってやわらかなので重力に引っ張られて下がりやすいし、横にもひろがりやすい。
きちんと正しい位置に胸をおさめることで美しい体型をキープできるそうです。

そして40代からでもキチンとブラをつければ胸は変わるから大丈夫!と心強いお言葉をいただきました。
今からでも遅くない。気づいた時が吉日ですよ。

育乳生活スタート

ブラデリスのブラ

買いましたよブラデリスのブラ。
胸を育てるためのブラジャーでSTEP1~3までの3段階があります。
私が購入したのは最初に使うSTEP1。

もちろん、フックが一番外側でぴったりのサイズです。
ブラデリスのブラは安くないので、しっかり長く愛用しないともったいないですからね。

ブラは毎日着用するので体型に大きく影響する。
よく考えれば当たり前なんだけど、あまり深く考えずに使っていました。
心を入れかえて育乳生活のスタートです。

ブラ選びって大事だし奥が深い。
プロに相談するといろんなことがわかるのでおススメです。
サイズ選びも自分の思っているのと違うことが多いのでぜひ一度相談してみてくださいね。

私がフィッティングしてもらったのはブラデリス

いいお値段ですがセールで買うと普通のブラと変わらない値段。
サイズが合えばかなりお得です。
在庫処分セール!育乳で人気のブラジャーも驚きの半額以下!

ブラの最強のガイドブック「ブラの力」

The following two tabs change content below.
ニシノ

ニシノ

adwomanの管理人&働く主婦。 充実した毎日の過ごし方を模索中。楽しいことが好き。 化粧品検定1級。 カラーコーディネーター3級。 デコアーティスト技能検定1級。 取材・記事掲載のご依頼も受けています。メニューまたはフッターーの「お問合せ」からご連絡ください。
スポンサーリンク

この記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です